REPORT【報道】

20171204-04

 

 F1はまだ諦めていない。2018年は日本に戻りスーパーフォーミュラに参戦する松下だが、日本で結果を出しヨーロッパで得た成長を証明したいという。日本復帰を言い渡されたときにはショックも受け悔しさもまだ強いというが、同時に日本で戦い自分の力を試すのが楽しみだともいう。勝つ自信もあるという。来季に向けた展望を語ってもらった。

 

ーーヨーロッパで戦ってきた3年間でどんなものを得たと思いますか?

「本当に恵まれていて、良いドライバーと一緒に走って死にものぐるいで戦ってきて、自分もかなり成長できたと思います。それを来年スーパーフォーミュラで見せられればと思っています。それが楽しみでもあります。ストフェルにしてもガスリーにしても、海外のドライバーが来て一番速かったじゃないですか? そういう速さを見せられれば自分の実力の証明になるし、F2というレベルの高いカテゴリーで勉強してきたことを発揮できれば勝てると思っています。日本に戻ってきて『あぁ、終わりだな』って思う人もいるだろうけど、そうじゃないぞっていうのを見せたいと思います。もちろんまだF1は諦めていないし、最後になるまで絶対に諦めません。自分は与えられたチャンスの中で最大限の結果を出すだけなので、来年はスーパーフォーミュラで頑張るのが自分のやるべきことだと思っています」

 

ーーF1への気持ちは諦めていない?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031