REPORT【報道】

 

 2018年シーズン終盤戦に投入されたホンダのスペック3パワーユニットだが、耐久性には疑問の声が上がっている。

 

 日本GPで使用した個体に想定以上のダメージが確認されたためUSGPに新品を投入し、高地対応のためメキシコGPは当初の予定通りスペック2を使用し、スペック3は3戦しか使わないにも関わらず金曜は旧型スペック2でしのいでスペック3は土日だけに絞っており、実質的に土日の約500km×3戦分の耐久性しかないのではないかと見られている。

 

 ピエール・ガスリー車に至っては、USGPで使用した個体に製造上の問題が含まれている可能性があったため(その後問題なしと判明)メキシコGP金曜に新品を投入して2周の確認走行をしただけでそのままストックし、残り2戦のみ使用するにもかかわらず3日間フルに使わず金曜はスペック2とした。

 

 さすがにそこまで厳しいわけではないようだが、現時点で年間3基で戦うために必要とされる約800km×7戦分の耐久性がスペック3にないことは確かなようだ。しかしホンダ内ではその解決の目処は立っているという。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 3Blackcats
    • 2018年 11月 20日

    ニュースに出ていた「IHIと2年間のテクニカルパートナーシップ契約」と言う変化?が「対策に目処」「強い根拠」に結びついているのでしょうか。期待してしまいます!

    頑張れホンダ!

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930