REPORT【報道】

ITEM2012-0038-01

ITEM2012-0038-03 ITEM2012-0038-04ITEM2012-0038-05ITEM2012-0038-06

 

 レーシングスーツ姿のままの可夢偉の胸元に、じっとりと汗が滲んでいた。

 セッション中の豪雨が嘘のように、空からは強い陽光が照りつけている。金曜午後のセッションが終わってから約1時間半。チームマネージャーのベアト・ツェンダーが17時からのドライバーズブリーフィングに連れて行こうと、待っている。

「どうしたらいいんか、全く分かんないんです。困りました……」

 そう言って可夢偉は苦笑いするしかなかった。

 ホッケンハイムで好走を見せたC31は、ハンガロリンクで原因不明のグリップ不足に見舞われていた。

「バランスどころか、グリップがないんで……タイヤが上手く機能してないんですよね。クルマがすごく跳ねて、まずブレーキングからおかしくて。直線が遅いからダウンフォースは付けられないし、タイヤもスイッチが入らないし……ちょっとハマってますね。『どっから手を付けようか』っていう状態なんで……」

 そう言っている間も、ブダペストの陽射しが容赦なく照りつける。

 今年一番のハマり具合。可夢偉はそう言い切った。

 この時間まで平服に着替えることもなく、シャワーを浴びることもなく、レーシングスーツの上をはだけたままでブリーフィングに向かうのは、滅多にあることではない。その時間を惜しんででもやらなければならないことがあったということだ。

 それはもちろん、エンジニアたちとの議論だ。

「ヤバいですよ……」

 最後にそう言い残して、可夢偉はブリーフィングに向かった。

 

 ドイツGPを4位で終えた可夢偉は、いったんモンテカルロの自宅に戻ってからブダペストにやってきた。

 暑くなるだろうと思って、ちょっとラフな格好に、小振りのストローハットで決めて。

「最近カメラ全然いじってへんから、そろそろまた復活せんとね。どんなレンズがええかな? ビーチとかで使うんやけど」

 水曜の夜、馴染みの日本料理屋で可夢偉はリラックスしていた。

 この週末が終われば、グランプリは1カ月間のサマーブレイクに入る。週明けからはファクトリーが紳士協定に沿って2週間も完全停止する。

 夏の間に上位チームのシートが動くと言われているだけに、来季シート交渉のためにもここでしっかりと結果を出しておきたい。可夢偉はそう言っていたが、だからといってそれを空回りさせるような人間ではない。

 木曜にFIA会見に呼ばれた可夢偉は、ドイツでの活躍の意味を再認識しながら、自分なりにシーズン前半戦の好不調の理由をメディアに向かって語った。

 日本のファンに向けてはすでにメディアを通して伝わってはいても、海外のメディアにはその全てが正しく理解されているとは限らない。

 結局のところ、人は結果しか見ない。結果がなければ、見向きもしない。

「結果を出すしかない」

 1週間前に言った自分の言葉が、改めてのしかかってきた。

 木曜の夜は、チームが催すメディアとの夕食会。モーターホームの2階でテーブルを囲んでレースとは関係のない会話をする。

 隣の席に座ったある国のジャーナリストが、不思議だったと可夢偉は悪戯っぽく笑って言った。

「メディアディナーの時にね、話すのがやったら近付いんですよ! あれ絶対ゲイやなと思って。ちょっとオネェ入ってるんですよ。あれが今週一番のサプライズやったな(笑)」

 1週間前の好走に、ザウバーのチーム内は楽観的な雰囲気に包まれていた。

 

ITEM2012-0038-07

 

「15番やったっけな?」

 自分の順位を忘れてしまうくらい、可夢偉の予選は酷い結果に終わった。

 金曜から苦しんでいる原因不明のグリップ不足は、いまだに解明できていなかった。

 刻々と変わる路面温度の変化についていけていないのかと疑ってもみたが、明確な答えは見つけ出せなかった。

「朝は気持ち良くなったような気はしたんですけど、予選でまたドカンと戻ったって感じです。予選はまた悪い方向に行っちゃいましたね、なぜか。路面の温度が関係しているのかもしれないですけど、原因はよく分からないですね……。内圧を間違えたんじゃないかっていう気もするけど。基本的にタイヤが動かない(機能しない)っていう感じです」

 C31はハンガロリンクの路面に全く吸い付いてくれなかった。

 グリップのないタイヤでは、マシンが滑る。滑るから表面だけが摩擦で温度が上がる。過熱するから、余計に滑る。その悪循環に陥ってしまう。

「オーバーヒートはオーバーヒートなんですけど、コースに出た瞬間からオーバーヒートしてるんです。よく分からないでしょ? だから走りながら冷ましてあげないといけないんですけど、冷ます方法がないんです(苦笑)。オーバーヒートっていうか、グリップしないから滑ってしまうし。ダウンフォースが足りへんのかなと思って(増やせと)言っても、すでにマックスやしね。ストレートもしっかり遅いし」

 今年一番と言っていたそのハマり具合は、過去3シーズンの中でも最悪というほどの酷さだと可夢偉は言った。今年のクルマが本来持っているはずのポテンシャル、つまりは週末を迎えるにあたって想定していた速さを考えると、この位置はあまりに大きく予想を外れていた。

「面白いですよね、良いと思ってたら良くないし、あんま良くないかなぁと思ってたら良いし。明日は意外に良いかもしれないですよ、雨降ったりね。(降水確率)結構高いですしね。昨日も確率は結構低かったのに、いきなり雨雲がば〜っとできたらしいですよ、そこらへんで」

 金曜午後のセッションは、直前まで多くのチームが「小雨程度」と予想していた雨が、降り始めると土砂降りになった。

 そのことを話していて、可夢偉はチーム内の天気予報官との面白いエピソードを思い出して語り始めた。

「そういえば、FIAのモニター上にずっと1点だけ青いところがあるんですよ。あれ、なんでか知ってます? 絶対あそこのプールですよ!めちゃくちゃ晴れてるのに、あそこだけ青いんですよ。移動もしないし。天気のお兄さんに『なんでここだけ青いん?』って聞いたら、『いや、分からない』って。『 雲ないで?』って話してたんですけど(笑)。お兄さん、『ずっとここにあるんだよ』って言うてて(笑)。『でも動かないし、これは気にしなくていいから』って。『え? これってそこのスイミングプールじゃない?』『あ、ホンマや!』って(笑)。ちょっと面白いでしょ?」

 そんな話で盛り上げるしかないほど、この日の予選後には話せることがなかった。なんせ、自分たちでも遅さの理由が分からないのだ。

「フランチェスコがあれ見て『インターだ!』って言うたらどうしよかな(笑)。そのままプール行くしかないわ(笑)」

 2戦続けてレースエンジニアとの齟齬があったが、ドイツの決勝では上手くいった。わだかまりなんてものもない。

「全く考えてないです。難しくて考えてないです(笑)。みんなの考えすぎですよ(笑)。引き摺ってたらレースできないですから」

 メディアからの質問に答えながら、可夢偉はひとつの答えが見えたような気がした。

「僕のクルマだけかもしれへんけど、路面がバンピーでフワフワして、ブレーキで路面にこすりつけてるのに、路面の温度が暑くて……もしかしたらこういうコースでは、路面の温度が低ければ他の人はタイヤにスイッチが入らなくても、僕らだけ入っちゃうかもしれないですね。そういう見方をすると、オーストラリアはそうでしたね。ミステリーですねぇ……」

 その夜、チームはマシンのダウンフォースが走行中に抜けていたのを発見した。

 はっきりとした理由は理解し切れていないものの、どうやらコース特性とウイング特性の組み合わせによって偶発的に発生するものらしい。

「何が原因でそうなっているのかはまだ分かってないし、突然起こるような問題で。ウイングによっては安定するのもあったり、風向きやコースで変わったりするんで。ウイングがストールしているとかそういう問題だったらいいんですけど、これはちょっと、早く解決しなきゃいけませんね……」

 ただでさえオーバーテイクが難しいハンガロリンクで、問題対策のためにダウンフォースを最大限に積んだ可夢偉のマシンでは、DRSを使ったとしても追い抜きは難しそうだった。15番グリッドからのレースでは、多くは望めないことは分かっていた。

「今日はもう、『ダメだこりゃ』って感じです(笑)。こういう時はこういう時なりに、明日はなんとか1ポイントか2ポイントしっかり獲れれば満足かな。そういう週末にしたいですね」

 そう言いながらも、それすらも難しいであろうことは、覚悟の上だった。

 

ITEM2012-0038-10

 

 日曜朝のブダペストには、雷鳴が響いていた。

 可夢偉が宿泊する温泉で有名なマルギット島のホテルの部屋からも、ドナウの流れに雨粒が激しく打ち付ける様子が見えた。

 だが、それは可夢偉にとって恵みの雨とはならなかった。

 ブダペストはもう秋へと向かおうとしている。季節の変わり目特有の気まぐれな空模様は、あっという間に雨をやませ、青空さえも覗かせる。

 可夢偉がハンガロリンクに着く頃には、すでに路面は完全に乾いていた。

 雨の可能性は、依然としてあると伝えられている。しかし、それがいつやってくるのか。どのくらいやってくるのか。この3日間の空を振り返ってみても、それは誰にも分からなかった。

 朝の戦略ミーティングを終え、ランチを摂り、ドライバーズパレードが終わっても雨の予感はしない。グリッド上では盛大なセレモニーが始まった。

 ピットレーンがオープンになり、グリッドへと向かう。

 可夢偉の座った15番グリッドからはポールポジションの位置は遙か遠く、そこから下っていく1コーナーのエイペックスは見ることができない。空を見上げても、雨を運んできてくれそうな雲の姿は見当たらない。

 とにかく完走を目指して走るだけ。

 前で何かが起これば、チャンスが巡ってくるかもしれない。その可能性に賭けるしか、今の可夢偉とザウバーに方法はなかった。

 最初のスタートがアボートになり、2回目のフォーメーションラップへ。そしてシグナルのブラックアウト。

 可夢偉の加速は鋭かった。

 すでに前のトロロッソを料理しようかと迫っていたが、ブレーキングに差し掛かったところで不意に前のジャン・エリック・ベルニュがラインを変えた。可夢偉は左にステアリングを切るしかなく、左のタイヤを半分ダートに落としながら、なんとかスピンだけは回避した。だがその間に、後ろにいたはずのケータハムの2台は可夢偉の前にポジションを上げてしまっていた。

「まぁ、レースなんでしょうがないですね。スタートが良かったとしても、ペース的には全然戦える状態じゃなかったですからね。どっちにしても今日はポイントまでは行けないパフォーマンスでしたからね。まぁ、どうしようもなかったですね」

 150kg近い燃料を積んで走れば、タイヤに安定した負荷がかかり、スイッチが入るのではないかという淡い期待を抱いていた。しかしその期待は、脆くも裏切られた。

 特に厳しかったミディアムタイヤは避け、ソフトタイヤで決勝のスタートに臨んだものの、タイヤがきちんと機能してくれたのは最終スティントに履いたソフトタイヤだけだった。

「タイヤに上手くスイッチが入らなくて、入ればラッキーっていうくらいの状態でした。全然グリップしなくてペースが遅くて、最後のスティントだけは良かったんですけど、それ以外は全くダメでしたね。今日はもう、戦える状態じゃなかったですね」

 ペースの遅いケータハムのマシンに引っかかって、抜くことができない。失うものが何もない可夢偉とフランチェスコは、迷わずいの一番に動くことを決めた。

 僅か8周で第1スティントを諦め、ピットイン。

 最後方から階のマシンを抜いていき、可夢偉をカバーするようにピットインしたベルニュの前に出ることに成功した。だがもう1台のトロロッソには前に行かれ、彼に着いていくこともままならない。

 レーシングドライバーとしては、苦渋に満ちた69周。

 その最後はピットレーンで迎えた。ここでマシンを止めておけば、次戦はペナルティなしに新品のギアボックスに換えることができるのだから、当然の措置だ。

「今日はとりあえず完走して、っていうレースだったんで。そんなに楽しいレースでもなかったし、興味のあるレースでもなかったけど、とりあえず最後まで走り切った……と思ったら、最後にギアボックスが潰れる寸前でマシンを止めることになって。『トップ争いに迷惑かけないように入ってこい』って言われて(苦笑)。そんなにリスクを負う必要もないポジションだったんで、帰ってきました」

 こうして可夢偉のシーズン前半戦は終わった。

 最後に結果を出してすっきりとした気持ちで夏休みを迎えることはできなかった。

 しかし、マシンに速さがあることはすでに分かっている。あとは、それをしっかりと使い切るだけでいいのだということも。

「ペース的には上位で戦えるだけのものがあるんで、毎週毎週、そのペースを引き出せるかどうかが後半戦のカギになりますね。スパはマシン的にも良いと思うんで、スパから気持ちを切り替えて頑張りたいと思います」

 皮肉なことに、夜になってハンガロリンクには雷雨が訪れ、激しい雨風が撤収作業の始まったモーターホームに打ち付けた。

 ヨーロッパの風はもう肌寒くなり、季節はすでに秋へと移り変わろうとしている。

 だが、どんな未来が待っていようと、前に進むしかない。目指す場所があるのなら、そこに向かって一歩ずつでも歩き続けるしかないのだ。

 時には上手くいかない時もあるということを、可夢偉は知っている。だから、じたばたしない。

 まずは、日本の暑い夏が可夢偉を待っている。

ITEM2012-0038-12

(text by Mineoki YONEYA / photo by Wri2, Sauber)

 

2012年7月30日発行

ITEM2012-0038 / FOLB-0021

 

 

Related Articles

コメントは利用できません。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031