REPORT【報道】

ITEM2012-0042-01

ITEM2012-0042-03 ITEM2012-0042-04ITEM2012-0042-05ITEM2012-0042-06

 

 最初に聞こえて来たのは、雑音にも似た叫び声だった。

 チェッカーフラッグとともにコントロールラインを越えた可夢偉のステアリングには、1分47秒871のラップタイムが表示されていた。

 そのタイムに驚いている可夢偉の耳に、ようやく冷静さを取り戻したレースエンジニア、フランチェスコ・ネンチの声が届いた。

「カムイ、4位だ」

 それでも上出来だと、可夢偉は思った。そもそも、47秒台が出せるなどとは思っていなかった。

 予選Q3最後のアタック。セクター2を通過した時点で、ステアリングのLEDに表示されたスプリットタイムを見た可夢偉は失望していた。タイムの伸びしろが小さい。

 いや、実際には真逆だった。可夢偉はセクター2で全体のベストとなるタイムを記録していた。

 しかし、セクター1のタイムを覚え間違えていた可夢偉は、足し算を間違えていたのだ。

「勘違いしてたんです。走りながら(前のセクターのタイムを)覚えなあかんから、それを間違ってて、1+1が4みたいなことになってたんです。そんな簡単な計算間違い。これ、恥ずかしいから書かないでくださいよ(苦笑)」

 だが、その計算間違いが、可夢偉に味方した。

「朝のタイムから0.2秒くらいしか速くなってないやんって思って、最後のセクターは諦めながら意地になって無理矢理走ったら、それが決まった、みたいな(笑)。1分48秒1くらいやろなぁと思ってタイムを見たら47秒8って出てきて。『あれ、どこで計算間違ってたんやろ?』みたいな(笑)」

 Q1でコースインした可夢偉は、ヘルメットの中で苦い顔をしていた。

 ランチタイムにセッティング変更を施したせいで、快調だったはずのマシンがじゃじゃ馬になってしまっていたのだ。ハンドリングが定まらず、グリーンな路面で走った午前中の自身のタイムすら超えられない。

「『やってもうた〜』っていう感じでしたね。FP-3では良かったんですけど、もう少し良くなればと思って欲をかいて予選でキャンバーを弄ったら悪い方向にいっちゃって。デフを触ったりフロントウイングの(フラップ角度)変更で補えるかなぁと思ったんですけど、どうにもならなくて、最後のQ3は『あとはもう運転でどうにかするしかないなぁ』と思って走ったんです」

 その結果が、まさかの1分47秒台

 しばらくして、フランチェスコが訂正してきた。

「カムイ、2位だ」

「えっ、どっち?」

「いや、4位かな。いや、2位だ」

「どっちやねん!」

 そのくらい、チーム内も混乱していた。そのくらい、彼ら自身の予想を上回る結果だった。

「Q1、Q2で上手くクリアラップがとれなかったんで、Q3では確実にとるために早めにコースに出たんですけど、究極のタイムを狙ってたわけでもなかったし、まさかあんなタイムが出るとは思ってなかったから」

 マシンをパルクフェルメに停めて、コクピットを降りた可夢偉はFIAのスタッフに連れられてトップ3会見に出席した。もちろん、可夢偉にとっても初めての経験だ。

 一通りの質問が終わり、「では各自の母国語でどうぞ」と言われた可夢偉は、躊躇った。

「『僕はどうすればいいのかな?』っていうくらいで(笑)。日本語でどうぞって言われても、何を喋ればいいんかわからんし。どうせ誰も見てへんからえぇかって思って。え、みんな見てたんですか?」

 いつもはその前でカットされる日本のテレビ中継でも、可夢偉が出席したこの日はここまで放送が続けられていた。英語での会見とは違って、ごく簡単に感想とファンへのお礼を述べただけの可夢偉に、テレビの前のファンは肩すかしを食らったことだろう。

 それも経験。

 改めて、可夢偉とザウバーがこれまでとは明らかに違ったポジションへと成長してきたことを痛感させられる。

「明日は表彰台を獲ること、それがまさに今の僕らに必要なことだと思ってます。それを頑張るのみです。大切なのは、こっからです。しっかりと戦って、何も(不運が)ないことを願う、っていう感じです」

 何事もなくレースを。

 今季まだ果たされていない、ミスも不運もないレース週末が、今こそどうしても欲しかった。

 その先には、間違いなく表彰台が待っているのだから。

 

ITEM2012-0042-08

 

 アルデンヌの森は、例年以上の冷え込みだった。

 気温は20度にも達さず、朝晩には一桁台にまで落ち込む。まるでオフのテストのような寒さに、誰もが首をすくめて身を震わせる。

 夏休み明けの身体には堪える。

 可夢偉は日本とハワイで夏休みを過ごしていた。

「ハワイで釣りをしてきました。カジキを釣りたかったんですけど、ワケ分からんボラボラっていうのが釣れて。不細工な顔してて、『気持ち悪っ!』って(笑)」

 船で沖に出て、巨大な魚を釣り上げる。以前旅先で体験してから、可夢偉はその魅力にハマっている。

「スポーツフィッシングなんですけど、完全に格闘です。引いて巻いて、巻いて、でも重いから時々逃がさないといけないし。そうやって向こうを疲れさせるとか。半分、心理戦ですよ。魚と会話して。太い糸で釣っても面白くないから、切れるか切れないかギリギリの糸で釣るのが良いんです。100kgを超える魚とか200kgのやつとか、そんなのが来たらホンマに面白いですよ」

 性格上、家でテレビを見てゴロゴロなどしていられないという可夢偉は、東京にいる間も外に出かけては何かをしていたという。「何回ホームセンターに行ったことか」と苦笑する。

「僕はもう休みはいいかなっていう感じです。休んでても怠け癖がつきそうやし、できるだけ早くレースをしたかったですね。休まなくてもよかったかなぁっていうくらいです。1カ月っていうのは中途半端なんですよ。2カ月あったら全然違うと思うんですけどね。セスナの免許も獲りに行けるし」

 だが、シーズン再開の地となるスパ・フランコルシャンは、マシンに合っている。常々そう言ってきたように、可夢偉とザウバーは自信を持ってこのレースに臨んできた。

 金曜日は”スパウェザー”の洗礼を受け、1日中降ったりやんだりの天候が続いた。

 コース上は川のように水が流れ、不要な危険を回避するため、各チームとも走行を見合わせた。数少ない走行機会の中で、可夢偉はFP-1のトップタイムを記録したが、そんなことに浮かれる可夢偉ではない。

「トップチームがあんまり走ってないし、全然意識はしてないし、明日からのほうが重要ですからね。今日の何もなかったところから、明日ドライになった時にどれだけ良い状況に持って行けるかっていうことを落ち着いてやっていかないとね。僕らは今日のタイムが参考になるとも思ってないし、明日が一番大切な1日だと思ってやってます。朝の1時間しかないですけど、うまくクルマを煮詰めていかないとね」

 ようやく晴れ上がった土曜日の朝。

 いっそう冷え込んだ空気は午前11時を迎えてもなお12度にしかならなかったが、太陽の光のおかげで路面温度は20度を超えてどんどん上昇を続けていく。

 イニシャルセットアップの段階から、C31は良好な手応えを示してくれた。終わってみれば、ザウバー勢は3位と4位。

 いつもならば、金曜の走行後にそのデータをファクトリーで夜通し解析してセットアップの最適化を果たすトップチームも、雨にたたられた今回はその裏技が使えない。イニシャルの出遅れは、そう簡単に取り戻すことはできない。

 それが予選の結果になって表われた。

 そしてそんな時こそ、ドライバーの頑張りがいつも以上に意味を持つ。

 それを知ってか知らずか、可夢偉はまさにその通りに2番グリッドをもぎ取ってみせたのだった。

「まさかあのまま2番手にとどまれるとは思わなかったですよ。バトンが1分47秒5っていうのも分かってたし、まだまだハミルトンも来るやろし、6〜7番かなと思ってたらそうでもなかったっていう、不思議な展開でしたね」

 表彰台は、もうすぐそこまで来ている。

 自身のタイム、周囲のペース、それを考えれば考えるほど、現実的な可能性に思えた。

 可夢偉自身、表彰台のチャンスを口にした。

「兆候なんか信じないことにしたんです。過去を信じて、未来を信じて、最後に残るのは、そうなった時の『そうやったでしょ』っていうよりも、そうならなかった時の残念さだけでしょ?」

 今季の開幕前から、可夢偉は一貫して”期待”や”可能性”という言葉から目を背けてきた。絶対に自分から安易な予想を口にしたりはしなかった。

 その可夢偉が言った、表彰台という言葉。

 それは、自信と確信の存在を示していた。

 

ITEM2012-0042-10

 

 午後1時24分、グリッドへと向かうため可夢偉がピットガレージでヘルメットを被り、コクピットに収まった。

 しかし、様子がおかしい。

 フランチェスコが駆け寄り、可夢偉は再びコクピットから降りる。メカニックがそのコクピットを覗き込み、シートを外して作業を始めた。

 他のマシンが続々とピットレーンの出口に並び始めた1時29分になって、ようやく可夢偉はコクピットに収まることができた。

 どうやら無線機材にトラブルがあったらしい。それ自体は交換して事なきを得たが、スタート前の慌ただしさに拍車を掛け、嫌な予感がしないでもない。

 1時33分、やや遅れて可夢偉はコースへと向かい、2番グリッドについた。

 マシンを降りた可夢偉はたちまち報道陣に囲まれ、各国TV局のインタビューを受ける。その様子を収めようと群がるカメラマンの数もいつもとは違う。注目度の高さを物語っていた。

 おそらく彼らとしても、可夢偉が初めて表彰台を獲得するレースのその直前の表情を押さえておきたいという思いでそこにやって来たはずだ。

 その対応を慌ただしく終え、エンジニアたちと一言二言の言葉を交わし、最後にモニシャの激励を受けて、いよいよ可夢偉はスタートの瞬間を迎えた。

 フォーメーションラップを終えて、2番グリッドについた可夢偉のマシンから、白煙が上がった。

 だが幸いにも出火には至らず、コントロールライン上に5つのレッドシグナルが灯り、運命のスタートの瞬間が告げられた。

 走行風とともに、ブレーキは冷えて白煙はやむ。

 だが可夢偉のマシンは、全くといって良いほど前に進んでいかない。

 リアタイヤが空転し、アスファルトを捕えることができない。次々と周りのマシンに抜かれ、可夢偉のもどかしい心を映し出すように空回りするばかりだった。

「クラッチのセッティングがまた失敗で、滑ってホイールスピンしたんです。エンジニアも『俺にも(理由は)分からない』って言ってました。クラッチが安定しなかったということらしくて」

 そして1コーナーに差し掛かった次の瞬間、後方でカーボンファイバーの破片が飛び散るのが、右のミラー越しに見えた。

 ロマン・グロージャンが強引なライン変更でルイス・ハミルトンの行き場を奪い、両者は接触。グロージャンのマシンはマクラーレンに押されるように前のセルジオ・ペレスのリアに乗り上げ、宙を舞った。フェルナンド・アロンソの目の前を横切るように飛び越えた瞬間、その場は凍り付いた。

 ハミルトンのマシンはアロンソのフェラーリをなぎ倒し、可夢偉のマシンの上に落ちてきた。

 咄嗟に切りかけたステアリングを戻した可夢偉は、あわやのところで致命的なダメージを回避することができた。ランオフエリアを大きく回って事故車両を回避し、最後方でコースへと戻った。

 しかしマシンには大きな損傷を負い、マクラーレンの直撃を受けた右のサイドポッドは大きく裂けて、空力パーツも失われていた。

ITEM2012-0042-11

「クルマはだいぶダメージを負っててサイドポンツーンがボロボロになってて、ダウンフォースも全部なくなってて。(ダウンフォースが)20〜30ポイントは落ちてるから。だいぶ走りづらかったしタイヤも保たなくて。クルマを見れば分かりますよ、とても走れるような状態じゃないから」

 またもや、グロージャン。彼には次戦出場停止と5万ユーロというペナルティが科せられたが、それで可夢偉が失ったものが返ってくるわけでもない。

「なんかないんですかね、同じ人に3回以上当てられたらなんかなるとかいうルール?(苦笑) どうしたらいいか分かんないですね。僕らはマトモにレースしようとしてるのに、あんな風にレースもできなくて」

 なんとかピットにたどり着いてタイヤを交換し、最後方から実質的な1ストップ作戦での挽回を図る。まだその望みはあったはずだった。

 しかし、スローパンクチャーが発生して再度のピットストップ。そして、マシンのペース不足。2番手から表彰台の可能性をはらんでいたはずの可夢偉のレースは、一転してただ苦しいだけのものになった。

「カムイ、タイヤをセーブしているのか?」

 フランチェスコがそう尋ねるほどだった。20周目を迎えようかという頃のことだ。

「No!」

 可夢偉は強く、短く、即答した。

「もっと速く走ることはできるか?」

「できない! これが精一杯だ!」

 結局、最後まで走り切っても可夢偉のタイムは1分55秒台に入ることはほとんどなかった。救いようのない状況の中、レースと呼べないような孤独なレースを続けた可夢偉は、前から44秒遅れの13位でチェッカーを受けた。

「まぁ、運が悪いとしか言いようがないですね……。悔しいですけど、これがレースなんでどうしようもないですね」

 何事もなくレースができていれば、表彰台には手が届いていたのか。そう聞かれると、可夢偉は即答した。

「と、思うんですけどね。全然問題なく」

 さばさばした表情で答えたが、その背中には明らかに落胆の色が見て取れた。

 可夢偉が失ったもの、それは単なる表彰台のチャンスではない。

 グリッド上でのフロントブレーキの過熱。それは静止時間の長さのせいばかりではなかった。

 可夢偉は他の誰よりもたくさんブレーキを温め、フロントタイヤを温めていた。

 なぜなら、1周目のオールージュを登り切った先の、ケメルストレート・エンドで迎えるヘビーブレーキングで勝負を仕掛けるためだ。もちろん、前を行くはずの首位ジェンソン・バトンに対して。

 そこで前に出れば、セクター2で抜かれることはない。そして、ロングなギアレシオの設定を選んだ可夢偉のマシンを、ショートレシオのバトンがストレートで抜くことは難しい。たとえDRSを使ったとしても、リミッターに当たるばかりで最高速はそれ以上に伸びては行かないのだから。

 トップでコントロールラインに戻ってくれば、可夢偉の首位快走は長く続く。表彰台はおろか、その真ん中さえもが現実味を帯びてくる。

 純粋な速さの勝負ではなく、いかに自分の理想を押し通せるかが今のF1。上海やバルセロナのレースがそうであったように、一旦前に立った者に勝利の女神は微笑む。優勝は、決して大袈裟な妄想ではなかった。

 バトンの両脇を固めたセバスチャン・フェッテル、キミ・ライコネンという名前を見てもなお、「問題なく表彰台を獲れたはず」と可夢偉が豪語するのは、そんな背景があったからだ。

 だがしかし、そんな思いを秘めて臨んだスタートは、悪夢に変わった。

 スタートから僅か250メートル、いや、スタートの瞬間に、その思いは絶たれた。

 しかし、可夢偉はまた一歩、夢に向かって前進したはずだ。

「とにかく、自信を持って『まだチャンスはある』って言えるってことをクルマは示してくれたと思います。次のチャンスを待つしかないですね」

 しっかりと前を見て、可夢偉はそう言った。

 勝利の可能性さえ垣間見た、初めてのレース。

 可夢偉の視線の先に広がるアルデンヌの森は、彼に新たな一歩をくれた。

ITEM2012-0042-13

(text by Mineoki YONEYA / photo by Wri2, Sauber)

 

2012年9月4日発行 

ITEM2012-0042 / FOLB-0024

 

 

Related Articles

コメントは利用できません。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031