REPORT【報道】

 

 2018年のホンダ製パワーユニットは、開幕戦のMGU-Hを除けば全くと言って良いほどトラブルが出ておらず、昨年までの惨状とは打って変わって高い信頼性を築き上げている。まだ4戦が終わった段階であり完璧な信頼性というには早計だが、2台ともにESとCEは1基で4戦を走破し、それ以外の主要4コンポーネントに関してもブレンドン・ハートリー車のICEとMGU-Kは4戦、ピエール・ガスリー車も含めてそれ以外のコンポーネントは第2戦バーレーンGPから3戦連続でノートラブルで走破している。

 

 昨年までトラブル続きだったホンダがこれほどまでに変貌したのはなぜか?

 

 その理由は“ダブルチェック”体制の導入にあった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (9)
    • N10SY1717
    • 2018年 5月 07日

    このレベルでホンダが過去3年間やっていたことに驚きです。今時これはあり得ない。ホンダの市販車部門もどういう体制なのか疑いの目を向けてしまいます。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 5月 09日

      そうですね、マクラーレンとやってきて一度もこういう話にならなかったというのも残念というか、マクラーレンもそうなのかな?と思いました。
      トストさんは過去の自分の経験で自動車メーカーのような大企業の組織とか理論がどういうものかご存じだからこそすぐに問題点を指摘してくれたわけで、
      トストさんと一緒にやれたことの意味はホンダにとってすごく大きかったのではないかと思います。

    • 3Blackcats
    • 2018年 5月 08日

    私が記事内容を理解できていないのかもしれませんが、ホンダには「ワイガヤ」文化があるはずなので、さすがに市販車で最終段階まで統括責任者のチェックが入らない、なんてことは無いと思うのですが。最終段階で問題発見された場合の後戻り工数を考えると段階ごとにチェックは入るはず。これは人手不足であっても全メーカ、研究開発含めて同じだと思うのです。

    これはトラブルとなった時限定のチェック体制でしょうか?
    「別動部隊で、」つまりは「同じプロジェクト内の別メンバーではなく、しがらみの無い他プロジェクトチームがチェックする」ということ?でしょうか。

    「上司と喧嘩してホテルに籠って設計者一人で設計図を書き上げる」という姿は(憧れはありますが)もう今の時代に合わないのでしょうね。

      • 3Blackcats
      • 2018年 5月 09日

      追記です。これは昨年yahooニュースなどで出ていた「ホンダジェットのチームにF1エンジン設計図面を見せて意見を求めた」ということを体制として確立させた、ということでしょうか。

      • MINEOKI YONEYA
        • MINEOKI YONEYA
        • 2018年 5月 09日

        いや、ホンダジェットの技術やノウハウは今年型のMGU-Hの設計にかなり直接的に生かされているようです。
        2018年型RA618Hは基本的に去年型に手を加えたものですが、バーレーンから投入されたMGU-Hだけは去年とはかなり違います。

          • 3Blackcats
          • 2018年 5月 10日

          おっ! 「かなり直接的」が投入済みMGU-Hなら、次のUPデートはもっと期待してしまいますね。それまでは我慢、我慢の応援でしょうか。
          返信ありがとうございました。取材頑張ってください。

          そして、頑張れホンダ。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 5月 09日

      もちろん部署内でのチェックは常にやっているはずです。が、別の部署による別目線でのチェックがないということでしょうね。

      ただ「ワイガヤ」はもう過去のものになってしまったということなのでしょうね。長谷川さん中村さんたちの第3期の頃はまだヤンチャなことをしてそこから何かが生まれたりなんてこともあったそうですが、「そういうのも無くなってしまったね」と。

    • 零48
    • 2018年 5月 09日

    ここで言うダブルチェック体制というのは、他分野からの目線って事ではないでしょうか。部署内だったり上位部署、チェック部門でのチェック体制とかではなく、別部門の人間が専門分野でもない部分に対して率直に意見を言えるよう状態ではなかったり、言えたとしてもそれを素直に受け止めるシステムになっていないという事ではないでしょうか。

    詳しくないのでズレてるかもしれないですが、シート合わせをやってる人が「なんかPUのあそこ変だよね?もうちょっとこうなったら良さそうなのに」ってふと思ったとしても、それはPUの素人だからそう思うのであってPU開発部門の常識だと「これはこういうもんだから」の一言で終わらせてしまっているという具合ではないかと。

    もしかするとそこが何か大きな改善の糸口の可能性かもしれないのに、身内だけで何重にチェックしていたとしても「そこはそういうもの」という常識があれば気付かないと思います。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 5月 09日

      いや、まさにおっしゃるとおりのことですね。ただ、レースなので1戦でも1日でも早く早く投入したいということでそういった確認がおろそかになっていたようです。
      もちろんベンチテストで何千kmも走らせるということもやっていたし、壊れたらその検証もしっかりやっていたんですが、自分たちが作ったものであり隅々まで把握しているがゆえに思い込みや感情論で判断が鈍ることもあった、というような話でした。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031