REPORT【報道】

20180316-01

 

 2018年シーズン開幕時点のホンダは、過去の教訓を生かして信頼性を最優先に考えて開幕仕様のRA618Hを用意してきた。開幕前テストで大きな問題を抱えることなく「3レース週末」分に相当する2,318.19kmを走行したように、その点は達成できたようだ。

 

 しかしパフォーマンス面に関しては、基本的にICEやTCなど出力に関わる根幹部分が昨年型をベースに手を加えたものであるだけに、まだ昨年最終戦レベルの出力に留まっている。ただし車体側のパッケージングが変わったことで思わぬ出力アップも果たせたという。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • turbo
    • 2018年 3月 16日

    今年は中団グループ争いも激化するでしょうし、きっと完走台数が少ないレースも多くなるでしょう。
    そんなときでもしぶとく生き残って、ちょっとずつでもポイントを持ち帰るレースをして欲しい。
    今年のマシンもホンダもそういう方向性でやっているように思う。どのサーキットが強い弱い無く、コンスタントに1~2ポイントが狙えるマシンのように思う。絶対に正しい方向性だと思うし、実現してほしい。

    そしてシーズン終わりには、眉毛とメガネブタと二重あごのパパイヤ族を黙らせておくれ。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 3月 18日

      とにかくまずは信頼性。それは過去3年間のトラウマ解消のリハビリのようなものですね。そこでしっかりと落ち着きを取り戻したところで、改めて本気の開発アイテムを投入して実力を発揮する。浅木さんにしても田辺さんにしても、そういうお考えのようです。パパイヤ族のことは禁句になってます、そちらもそちらでトラウマなので(苦笑)

    • TAKU
    • 2018年 3月 17日

    良いタマの開発が進んでいる、とありますが、「タマ」とは何を指しているのですか?

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 3月 17日

      伝統的にホンダさんは開発アイテムのことを「タマ」と呼ぶのですが、もちろん詳しいことはまだ教えてくれませんが、パワーアップのタマですから当然ICEの燃焼関連ということになるかと思います。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930