2014 T1 JEREZ TESTING

20140201-03

 

 1月31日、ヘレス合同テスト4日目にケータハムCT05のステアリングを握って54周を走行した直後の小林可夢偉にインタビュー。初めてドライブした2014年仕様マシンのフィーリングについて聞いたが、まだ通常走行にはほど遠いという事実が浮き彫りになった。

 

ーークルマをドライブしたフィーリングは?

「システムがまだちゃんと機能してないんで、他のクルマとか2012年のクルマとかとの比較っていうのは難しいですね。

 V10からV8の時はトラコンが効いてんのかって思ったくらいですけど、今回はあの時以上の違いですね。ターボエンジンやからトルクが太いし、サウンドも全然違うし、ギアの数が1個増えてて不思議な感じやし(笑)。ギアがショートでたくさんあって、ホイールスピンしながらアップシフトしていくような感じなんですよ。

 ドライビングのフィーリングっていう意味ではそんなに大きく違うもんでもないかなぁとは思いますけど、ダウンフォースが少ないっていうのは感じるし、排気ブローイングがないからリアを温めてグリップさせるのが大変ですね。これまでは放っておいても普通に温まってたけど、今年はリアのブレーキシステムが変わって(MGU-Kの回生力を制動力としてコントロールでき)リアブレーキを使う割合が減ったんで、ブレーキからの熱も入りづらいし。そこはこれから開発を進めていかないといけないでしょうね」

 

ーークルマとしては抑えて走っている状態?

「システム自体を動かしてなくて、(リアブレーキと回生の割合を調整する)ブレーキバイアスもDRSも何もなしで走ってる状態で。とりあえずエンジンのマップをちゃんとするために走ってるだけで、MGU-Kも全然フルパワーじゃないし、エンジン単体で走ってるようなもんですね。まだ100馬力以上は出るやろし、他のドライバーが言うようなトルクの太さとか全然感じられてないですよ。多分500馬力ぐらいしか出てないんじゃないかっていう。メルセデスAMGに20〜30km/h以上の差で追い抜かれましたからね。『俺らはなにをやってんねやろ!?』と思いながら走ってましたよ(苦笑)」

 

ーークルマはまともに動いている状態じゃない?

「ほとんど酔っ払いそうなくらいエンジンがバイブレーションしてるから。あるパワーバンドのところで、ストレートとか全開で踏んでる時にブルブルブルブル〜!ってなって(前後上下に身体を動かしながら)、無線でもマトモにしゃべられへんくらい。それも毎周やから、死にそうですよ。ザウバーの時もバイブレーションで困ったことはあったけど、全然そんなレベルじゃないから(苦笑)。いやぁ、気持ち悪いわ今日は。首が振られすぎてツラい。

 

20140201-04

 

 コーナーでも突然MGU-Kがオーバーチャージして(回生しなくなり)リアのブレーキがなくなったりするしね。何のアラームもなくリアブレーキがなくなってフロントだけで止めなあかんってなったら、真剣にブレーキングしてたらロックして真っ直ぐオースオフするしかないですよ。だから全開でなんて走れないですよ。めちゃめちゃ恐い、恐すぎですよ。

 とりあえず無茶苦茶ですよ、話にならないっていう感じです。まだやることがいっぱいあって山積みやから、こら大変やね……」

 

ーードライバーとしては全然本気で走れていない?

「いや、転がしてるだけですよ。途中で『これ他のドライバーに乗らせた方がええんちゃうかな』って思ったくらい。(若手は)スーパーライセンス獲ってへんしね」

 

 

(text by 米家 峰起 / photo by 米家 峰起, Wri2)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30