RACE【レース】

20140201-05

 

 1月31日、ヘレス合同テスト4日目にケータハムCT05のステアリングを握って54周を走行した直後の小林可夢偉にインタビュー。自身初のイギリス拠点チーム、そのチームスタッフたちとの共同作業の雰囲気などを聞いた。

 

ーー午後1時までずっとコクピットに座りっぱなしだったよね。

「だって、チームが出させてくれへんかったから(苦笑)」

 

ーーどういう気持ちで座ってたの?

「いやぁ、『頼むからちゃんとしたエンジンマップを入れてくれ』って祈りながら、走ってみたらまたひどいマップが来たりして。今はまだあみだくじのように無数にマップのパターンがあるんですよね。データがないから何も分からないんですよ。(選択肢の分かれ目で)ここが正しい、ここが正しくない、ってひとつずつやっていってる状態ですからね」

 

ーーステアリングは複雑ではない?

「逆にシンプルになったと思いますね。ドライバーが操作する数が減ってるんですよ。だって、KERSを使うかどうか分からないくらいやから。ブレーキバランスはレバーはなくなったけど、ステアリングのボタンで操作しなきゃいけないんですけどね。リアブレーキからどれだけ回生するかとか、どのタイミングで回生するかとかいろいろシステムで変えるから、ブレーキバランスとは言わないんですけどね」

 

ーーまだ走れただけ良かったよね。

「うん。レッドブルなんかここまでもいけてないからね(苦笑)。今からクルマ作り直そうかぐらいのこと言うてるとおもう(笑)。最初から攻めて作ってると、(成功した時の)“上”(ピーク性能)は全然高いでしょうね。でも“上”か(失敗したら)“ゼロ”かしかないから。僕らの場合は“下”のほうからスタートして、このへん(中間より少し上)くらいまで狙っていくっていうことでしょ。これ以上落ちることはないっていうね」

 

20140201-06

 

ーーレッドブルは冷却に問題を抱えているようだけど、ケータハムは?

「僕らは逆にコンサバにいってるから、まだまだ全然余裕あるんです。ここからコンパクトに締めていく方向やから。まぁ、フィロソフィーの違いですね。エイドリアン・ニューウェイさんは最初からかなり攻めていったんやと思うけど、ウチはかなりコンサバにいってて、最初に見た瞬間から『これちょっとやりすぎじゃない?』って言うてたらやっぱりコンサバすぎたっていう(苦笑)。あとはこっから絞っていくだけですね。まぁ、だからこそ(ルノー勢で)ウチだけがマトモに走れたんかもしれへんけどね」

 

ーーテストはあと8日間しかないけど……

「ねぇ! ルノーエンジンはえぇと思ったんやけどなぁ……今のところ一番ハズレでしたね(苦笑)、頑張って欲しいわ。でも次のバーレーンまで2週間あるから、それまでにチームとルノーが一生懸命やり直してくれると思うし、バーレーンでしっかり挽回したいなと思います。とりあえず54周走れたんで、今日は良かったなと思います」

 

ーーチームスタッフとの作業は?

「全然問題ないですね。イギリスのチームは初めてやけど、メカニックは意外とイタリア人とかも多いし、トヨタ流れのスタッフもたくさんいて、彼らは僕の仕事の仕方を知ってるし、僕も彼らの仕事の仕方を知ってるし、そういう意味ではコミュニケーションはスムーズにいってるし、フィードバックも上手くいってますね。

 みんな僕に対してこの世界に入ったばっかりの人間っていう感覚は持ってないから、”経験があるドライバー”っていう設定(イメージ)で来るからね。たった3年しかやってへんのに(苦笑)。だから全てのことにおいて僕を一番優先的に考えてやってくれてるから、やりやすいですね」

 

20140201-07

 

ーーレースエンジニアのティム・ライト(写真・左)とはトヨタ時代に仕事をしたことがある?

「してる。僕がトヨタでF1に出た時は、アイツまだパフォーマンスエンジニアにすらなってなかったんちゃあうかな。まだ岩下(喜弘)さんの下やったんですよ。岩下さんは今プレッシャーかかってると思うけど(苦笑)。もう一人のパフォーマンスエンジニアが全然知らない人やったんで、今年も自然と岩下さんと組むことになりましたね」

 

ーーチームを牽引する役割を期待されている?

「このチームは2010年からやから僕と同い年やし、下手したら2009年にトヨタで走ってる僕の方が年上っていうことになりますからね。F1自体は2007年くらいから乗ってたし。そういう意味では僕がこのチームに与えられる経験とか知識、フィードバックっていうのはあると思うしね」

 

(text by 米家 峰起 / photo by 米家 峰起, Caterham)

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30