RACE【レース】

20140201-01

 

 1月31日、ヘレス合同テスト4日目にケータハムCT05のステアリングを握って54周を走行した直後の小林可夢偉にインタビュー。1年ぶりのF1復帰にもかかわらずルノー勢で最多となる周回数を走り、海外メディアからの注目度も上々の可夢偉に、まずはテストの内容について聞いた。

 

ーーケータハムでの初テストは順調なテストだった?

「周回数だけはね。でもそれ以外は全然ダメやったけど(苦笑)。今日が僕らにとって初めての本格的な走行になったんで、ある程度データは収集できたと思うけど、でもまだ充分じゃないですね。パワーユニットの電子制御系にトラブルが出てて、システムが全然ダメやから。セットアップを変更するためにピットインしてるんじゃなくて、パワーユニットのシステムをチェックするためにピットインしてるんやから」

 

——まだ連続走行ができない?

「何が悪いのか、よく分からないんですよ。それが分かってたらもうちょっと速く走れるんですけどね。ここを直したらと思ったら他が壊れて、次から次へとバンバン壊れていろんなところに問題が出て来るから。

 すごく厳しいですよ。パワーユニットさえちゃんとしてれば、普通にテストが出来るはずなんですけどね。車体側はいつでも走れるんですけど、パワーユニット側がどうなるかわからへんから。とにかくクルマの開発は今日から始まったっていう感じなんで、次のバーレーンにはルノーにちゃんとしたシステムを持ってきてもらいたいですね」

 

ーー最終的に走行を取りやめたのは?

「またシステムが壊れたんです。エンジンはかかるけどまた他のところが壊れるっていうことで」

 

20140201-02

 

ーーもっと走り込みたかった?

「僕らも『これを確かめたい』っていうていろいろプログラムを組んでたのが全然できてないから。基本的にルノーのデータ収集のために走ってて、車体側はストレートでライドハイトとかエアロのスキャン(ダウンフォース発生量のデータ収集)をするくらいで。ピットインしてフロントウイングのセッティングを変えてまた出ていってスキャンしてとか。普通やったら1日目にやることですよ、そんなん(笑)。それをここ(最終日)でやる!?みたいな状態で(苦笑)。それ以外は何もできへんかったね。

 まぁ、全然走れてないレッドブルよりはマシですけどね(笑)。僕らは少なくともこれだけ(54周)は走れたし、ロングランじゃないけどミディアムランくらいの連続周回もできてるし。冷却も問題なさそうやし、冷却容量を確かめながらここから開発を進めていかないとダメですね」

 

ーーデータはまだまだ収集できていない?

「全然足りてないし、次のテストに向けて自分たちに何が必要なのか、何をすべきなのかをはっきりさせておかないといけないでしょうね。テストの時間はそんなにたくさん残されてないから、残りの時間の中でいかに効率よくテストするかということを考えないとダメですね」

 

(text by 米家 峰起 / photo by 米家 峰起, Wri2)

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031