RACE【レース】

 

 第2戦バーレーンGPではフェラーリのシャルル・ルクレールが週末全体を通して他を圧倒する速さを見せ初優勝目前までいったが、パワーユニットのトラブルでまさかの後退。代わってルイス・ハミルトンがトップに立ちメルセデスAMG勢が1-2フィニッシュを果たした。レッドブル・ホンダ勢はリアのグリップ不足に苦しんで全くペースが上げられず、予選でも決勝でも2強チームに大きな差を付けられてしまった。

 

 中団グループでは予選でハースがトップに立ちマックス・フェルスタッペンまで0.005秒差と迫る好走を見せたものの、決勝では大幅に後退。代わってルノーのニコ・ヒュルケンベルグが中団トップを走行したが最後にパワーユニットトラブルでリタイアし、マクラーレンのランド・ノリスが中団最上位の6位でフィニッシュした。トロロッソ・ホンダ勢はダニール・クビアトがアントニオ・ジョビナッツィとの接触とピット速度違反の5秒加算ペナルティで後退し、アレクサンダー・アルボンの9位が最上位だった。

 

 そのバーレーンGP決勝の全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化し、各マシンのペースを分析する。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • koujinote
    • 2019年 4月 06日

    待っておりました!
    忙しいなか、分析ありがとうございまーす!!

    • zog
    • 2019年 4月 06日

    読みごたえのある分析、ありがとうございます!

    • w0fu1sg6
    • 2019年 4月 07日

    お!ほいほい。ガスンソ走れてますやん。キ〇ガイとそこそこ近い。うんうん。クリスチャンが言うのはわかります。ちゃんと数字出してる。今後楽しみ。伸びしろガスンソー!

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30