REPORT【報道】

20171128-01

 

 ホンダが育成するHFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)のドライバー3名の2018年体制がほぼ固まった。それに先駆けて、11月30日〜12月2日までアブダビで行なわれるFIA F2のテスト及び12月6日・7日に鈴鹿で行なわれるスーパーフォーミュラのルーキーテストに彼らが参加することになる。

 

 既報の通り、松下信治はヨーロッパから日本に戻りスーパーフォーミュラに参戦する。昨年ストフェル・バンドールンが乗ったダンデライアンで野尻智紀とコンビを組むことになる。鈴鹿のルーキーテストからチームに合流し来季に向けた準備を進める。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • youchann7
    • 2017年 11月 28日

    ホンダはこのところGT、SF共に力負けしてるからメーカーとしても相当底上げしないとドライバーの力だけではなんとも。そうなる事でレース自体も盛り上がるし頑張って欲しいですね。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 11月 29日

      山本部長の改革でかなり上向きになってきているようです。来年はまさしく収穫の年ではないでしょうか。今までは技術力もさることながら、マネージメント体制もアレでしたから・・・。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031