REPORT【報道】

 

 レッドブルとタッグを組むことで第2期F1活動以来初めて本当の意味でのF1のトップレベルで戦うことになる今季のホンダだが、HRD Sakuraの体制改革も順調に進んでいる。浅木泰昭がトップに立ち組織やファクトリーのレイアウト変更を進め、ホンダらしい活気ある雰囲気が戻ってきたという。

 

 ホンダのパワーユニット単体ではまだメルセデスAMGやフェラーリに追い付くことは難しいが、レッドブルが持つ車体のアドバンテージと合わせてトータルパッケージとしてトップに立つことは可能だ。もちろんレッドブルはそれを目標としている。

 

 そして期待が高まるレッドブル・ホンダの初優勝はいつになるのか?

 

 レッドブルとホンダはそのターゲットをどこに見据えているのか、山本雅史モータースポーツ部長に聞いた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728