REPORT【報道】

20160113-01

 

 2015年はF1を離れ、スーパーフォーミュラに参戦することを決めた小林可夢偉。

 

 自ら「すぐに勝てるほど甘くない」と覚悟の上ではあったが、実際に優勝はできず、7戦4回入賞・表彰台3回、ランキング6位という結果。

 

 久々の国内レース復帰で可夢偉は何に苦しんでいたのか? なぜ勝てなかったのか? そして、可夢偉の目に映ったスーパーフォーミュラとは? 可夢偉に2015年を振り返ってもらった。

 

ーースーパーフォーミュラに参戦するにあたってインタビューをさせてもらった2015年の開幕前には、国内レースといっても『すぐに勝てるほど甘くないですよ』と言っていたけど、実際にやってみてどうだった?

「僕が言った通りでしたよね。もちろん、甘くないのが分かった上で挑んだわけですけど、日本のレースの難しさ、これまで自分がやってきたレースとの違いというのは思っていた通りでした」

 

ーー充実した1年だった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31