REPORT【報道】

20170412-01

 

 バーレーンGP後の4月18日・19日に行なわれる合同テストに、ホンダは第5戦スペインGP投入をターゲットに開発中の“タマ”を投入する。

 

 シーズン中のパワーユニット使用には年間4基という制約があるが、合同テストはこれには含まれず、パワーユニットの仕様も基数も自由。そのため、ホンダはアップデートに向けて開発中の複数の候補のタマをいくつも持ち込み、比較テストを行なう。

 

 とはいえそれは完全なる新型パワーユニットというわけではなく、既存のパワーユニットに候補の新型パーツを組み込んでテストするといったかたちになる。複数のパワーユニットを用意し、それぞれに異なるパーツを組み込み、パワーユニットごと交換することで2日間のテストの間にできるだけ多くのタマのテストを行ないたい考えだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。