REPORT【報道】

20180422-01

レーシングカーのエンジン始動と言えば、ドライバーやエンジニアが指を回して合図し、メカニックがリアエンドからギアボックスに外部スターターを差し込んでクランキングしてエンジンに点火するもの。これは軽量化のためにスターターモーターを搭載しておらず、ドライバーの操作でエンジンのクランキングができないからだ。

 

しかし2015年にF1に復帰して以来、ホンダのパワーユニットは外部スターターを使用せず、ドライバー自身やエンジニアのワンタッチ操作でエンジン始動が可能な方式を採用している。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • ManGok
    • 2018年 4月 23日

    非常に興味深いですね
    ホンダだけのスマートなエンジン始動、テレビに映る機会があればチェックしてみたいです

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 4月 25日

      なかなかテレビではエンジン始動から発進までが映ることってないですよね。僕も一連の動作は(しかもステアリングのダッシュ見ながら)初めて見ました。いつぞやのスパのパーマーとかメキシコのトロロッソだったかな? 彼らみたいにコース上でストールすればその手順が見られるかもしれないけど、それはあんまり見たくないですよね(苦笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031