REPORT【報道】

20170711-01

 

 7月11日、ドイツの『Auto BIld』誌(電子版)がホンダがザウバーとの2018年以降のパワーユニット供給契約を解除したと報じた。しかしホンダは即座にこれを否定した。

 

 両者は昨年10月から交渉を開始し、今年4月に契約を締結。来年度から複数年のパワーユニット供給契約を交わした。しかし交渉の中心的存在であったザウバーのモニシャ・カルテボーン代表が6月22日に解任されたのを受けて、ホンダ側から解約を申し入れたと報じた。

 

 マクラーレン周辺からの情報として報じているが、ホンダにもザウバーにも取材はしておらず、提携解除の理由がカルテンボーン代表解任に不満であるためという、極めて根拠の薄い記事内容となっている。

 

 ホンダは以下のようにこの報道を否定した。ホンダから契約解消を申し入れた事実もないという。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31