REPORT【報道】

 

 2018年のスーパーフォーミュラとスーパーGTを制しスーパーライセンスポイント40点超えを達成してスーパーライセンス取得の要件を満たした山本尚貴が、アブダビGPを訪れてF1への道を模索し始めた。

 

 山本尚貴自身はアブダビでF1を目の当たりにして改めて「一度は諦めた道だが、目の前にチャンスがあるなら挑戦したい。やってみなければ分からない。自分が挑戦することで日本からF1への道が開けるということを示したい」とその思いを語った。ホンダとしてもその山本の思いを支援する意向だ。

 

 ただし、実際にはレースシートはおろかテストドライバーのシートすら難しいのが現実だ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31