REPORT【報道】

 

 2021年シーズン後半戦の各ドライバーについて、『F1LIFE』が独断と偏見で採点して総括していこう。

 

 まず2021年後半戦の11戦で、予選結果と平均値を算出すると以下のようになる(ペナルティが加味されたグリッド順位ではなく、純粋な速さを示す予選結果)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2022年 1月 04日

    プロ目線だと、ハミルトンが落としたレースで痛かったのはどのレースでしょうか。アゼルバイジャンのブレーキマジックはドライビングミスじゃないため除外としたら。
    個人的にはボッタスと対照的に低迷したモナコか、唯一PUトラブルでフリー走行を棒に振ったオランダなのかな、と。ちゃんとFP2を走り込んでいれば予選の結果は変わった可能性もありますし。でも、なんだかんだで18点(もしかしたら25点)を失ったアゼルバイジャンは痛かったですね。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2022年 1月 04日

      オランダも痛いですが、勝てたはずのレースという意味ではモンツァもSPQスタートで失ったのと、トルコでのPU投入が痛かったですかね。
      極端なことを言えば、イモラでもバルセロナでもシルバーストンのターン6でも、HAMが避けていなければ当たってVERにペナルティだった可能性が高いので、シルバーストンのコプスで病院送り云々と言われるくらいなら、そこに至るまでに「基準」を明確に示しておいた方が良かったのかもしれないなと思います。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031