REPORT【報道】

LIFTCOAST-01

 

 最近ではすっかりあちこちで耳にするようになった“リフト&コースト”について、改めておさらいしておきましょう。

 

 “リフト”とはスロットルペダルを戻すこと、そして“コースト”とは惰性で走ること。つまり、スロットルを戻して惰性で走ることを意味します。そうすることで燃費をセーブすることができるのです。

 

 燃費をセーブするなら、立ち上がりでスロットルを強く踏み込まないとか、空燃費を薄くするとか、高い回転数まで引っ張らないでショートシフトでシフトアップするといった方法も考えられます。

 

 それなのに、どうして“リフト&コースト”がこれほどまでに多用されるのでしょうか?

 

 それは、リフト&コーストが最も効果的な燃費セーブ法だからです。つまり、ラップタイムロスを最小限に留めながら、できるだけ多くの燃費を稼ぐことができるのです。燃費の厳しいサーキットでは100kgの燃料でレースを走り切るために燃費セーブが必要で、それを最も効率よく実行するのがリフト&コーストなのです。

 

LIFTCOAST-02

 

スロットルを戻すだけで市販車の急ブレーキに匹敵

1回のリフト&コーストで数グラムの燃料をセーブ可能

  

 リフト&コーストとは、ドライバーがストレートエンドの本来のブレーキングゾーンよりも手前でスロットルをオフにしてコーナーに飛び込むことです。

 

 この間、マシンは車体とタイヤの空気抵抗だけで減速していきますが、マシンが300km/hで走行している時には非常に大きな空気抵抗が発生しており、その減速度は市販車の急ブレーキに匹敵する0.9Gと非常に大きなものです。それを経てドライバーはブレーキングゾーンで本来のブレーキングを行ないコーナーに入っていきます。通常のコーナリングとは大きく異なるこの作業がリフト&コーストと呼ばれるものなのです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930