REGULAR【連載】

20180117-01

 

「常にいざという時のために体調を備えていた」

 

 F1に限らずモータースポーツの世界には様々な要素が絡み合い、何らかの理由でシートを失う者がいれば、そのシートに新たに収まる者も出てきます。F1では限られた数しかないシートを巡って、悲喜こもごもが繰り広げられますが、一度は消えかけたと思ったチャンスでも、どんな時にまた自分の前に巡ってくるか分かりません。

 

 GP2を制した後にF1シートが与えられずスーパーフォーミュラに参戦していたピエール・ガスリーもまさにそうで、ダニール・クビアトの不調によって急きょF1デビューを果たすことに。

 

 そんなガスリーは、いつチャンスが巡って来てもそのチャンスで最大限のパフォーマンスを発揮できるように、常に体調を万全の状態で整えておくことに全精力を注いでいたのだと言います。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728