STORE【ストア】

ITEM2014-0031

 

 バーレーン合同テスト4日目は前夜の段階で予定が変更され、マーカス・エリクソンに引き続きプログラムを行なわせるべく午前中を彼に割くこととなり、小林可夢偉の走行は午後のみとなった。バッテリーユニットにトラブルが発生したためこの日の走行は1時間のみなり、結果的には同じことだったが、たった1時間の走行でもケータハムはMGU-Kをフルパワーで使うなど大きく前進を果たすことができた。

 

 マシン挙動という点では、それに起因してリアブレーキに異様な挙動が生じたと可夢偉は明かす。しかし同時に、パワーユニットの運用さえ問題なくできるようになれば、中団勢と戦うことも充分に可能なのではないかとの手応えも掴むことができている。

 

 12日間のうち8日間のテストを終えた可夢偉に今の状況を聞いた。

 

ITEM2014-0031_ページ_03

 

 『F1LIFE』新書 No.113 

  •  著者:米家峰起
  •  発行日:2014年9月30日
  •  ページ数:14
  •  文字数:4633文字
  •  データサイズ:4.5MB
  •  データ形式:PDF(PC、iPad/iPhone、Android対応)
  •  ダウンロード価格:150円(税込)

 

 初出:http://members.f1-life.net/race/4724/

    http://members.f1-life.net/race/4728/

 

 この商品の購入は、こちらF1LIFEストア』をご利用ください。 

 

 『F1LIFE』プレミアム会員の方は無料でダウンロードが可能です。

 【プレミアム会員専用ダウンロード

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031