REGULAR【連載】

20180204-01

 

 新春特別企画として、F1の各GPオフィシャルプログラムに収録されているF1ドライバーの雑談のようなプライベートなインタビューをお届けします。

 

 今回はエステバン・オコン。子供の頃から22戦21勝のような圧倒的な速さを見せてきたというオコンですが、憧れのサーキットはなんと日本の筑波サーキット。「いつか絶対に走ってみたい」と筑波愛を語るオコンのインタビューをご覧ください。

 

ーー地球以外の惑星に住めるとしたら?

「もちろん行ってみたいね。宇宙に行ってみたいと思っていたんだ。火星とか他の惑星でなくても、月に行って地球よりも軽い重力を体感できたら最高だろうね。宇宙飛行士みたいに無重力で浮いてもみたいしね」

 

ーーこれまでで自身最高のオーバーテイクは?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • koichi0612
    • 2018年 2月 04日

    まさかF1のオフィシャルプログラムの中で、
    あのモンスター田嶋スペシャルのスズキエスクードや
    筑波サーキットへの愛を語っているなんて!!
    今シーズンはエステバン・オコンを応援することに決めました。
    しばらくは、日本人ドライバーが誕生しなくても大丈夫です(笑)。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 2月 05日

      こんなふうに言ってくれると嬉しいですよね。やはりテレビゲームなどを通じた子供へのインパクトって大きいんだと思いますね。これがレッドブルみたいなチームならすぐに筑波F1アタックが実現しそうなものですが、緊縮財政のフォースインディアではなかなか難しそうですね・・・。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031