RACE【レース】

 

 ブラジルGPの中団グループはザウバーのシャルル・ルクレール(紫色・細線)が中団トップを走り、ハース勢(グレー色)、セルジオ・ペレス(ピンク色・太線)がその後ろに続いた。ほとんど動きがなかった中団勢の争いと実力はどのようなものだったのだろうか。

 

 グラフ①から見えるのは、中団グループの各車のペースはほとんど差がなく、中団上位勢はトップ3チームにかなり近いペースだったということ。特にレース終盤にその傾向が顕著だ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930