RACE【レース】

 

 ブラジルGPはポールポジションのルイス・ハミルトンがレース序盤をリードしたが、上位勢がタイヤのブリスターに苦しむ中でマックス・フェルスタッペンがハイペースで走行。ハミルトンが19周目にピットインしたのに対しフェルスタッペンは35周目まで引っ張り、ミディアムのハミルトンに対しソフトタイヤで猛攻を仕掛けてオーバーテイク。ハミルトンはパワーユニットのトラブルを抱えており勝負あったかに思われたが、フェルスタッペンは44周目に周回遅れのエステバン・オコンと接触してスピン。ハミルトンに再逆転を許したうえ、マシンに大きなダメージを負っていたためハミルトンを追い詰めることはできなかった。

 

 中団グループではザウバーのシャルル・ルクレールがトップを走り、その後ろにハース勢。トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリーが9番グリッドからスタートしたもののズルズルと順位を下げて13位、ブレンドン・ハートリーは16番グリッドから11位フィニッシュに終わった。

 

 実際に誰が速かったのは誰なのか、実際の各車のパフォーマンスがどうだったのか、レースペースと戦略を詳細に分析することであぶり出してみよう。

 

 ブラジルGP決勝のラップタイムを表にすると、以下のようになる(横軸が周回数、縦軸がラップタイムで上に行くほど速い)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031