1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2018 Rd.20 BRAZIL
  4. 【Rd.20 BRA・日曜】レッドブル C・ホーナー「暴力は許されないが、人間味溢れる衝突も悪くはない」
2018 Rd.20 BRAZIL

【Rd.20 BRA・日曜】レッドブル C・ホーナー「暴力は許されないが、人間味溢れる衝突も悪くはない」

2018 Rd.20 BRAZIL

 

ーー勝利を失った苛立ちはどのくらいのものでしょうか?

「あのようなかたちで勝利を失ったことに非常に大きな苛立ちを覚えているよ。今日の我々にはレースペースが非常に良いマシンがあった。マックスはフェラーリ勢とボッタスをレース序盤にオーバーテイクしてレースリーダーのルイス・ハミルトンにプレッシャーを掛けていった。ハミルトンはかなり早い段階でピットインしてミディアムに換えたが、そこからのマックスのスーパーソフトでのペースは非常に素晴らしかった。だから我々はできるだけ長く引っ張り、第2スティントにタイヤのアドバンテージを与えられるようにしたんだ。ソフトタイヤを履かせて、ペースアップしハミルトンを易々とパスすることができたし、あとはレースをマネージメントするだけだったんだ。しかしバックマーカー(エステバン・オコン)がレースリーダーとレースをし始めて彼をレースから押し出した。本当に大きな苛立ちを覚えるよ。マックスのマシンはフロアが半分壊れて大きくダメージを受けていたが、そこからリカバリーを果たしルイスとのギャップを再び縮めていったのは素晴らしかったと思うよ。2台ともに素晴らしいペースだったことは、一方では非常に勇気づけられることだ。しかしバックマーカーの無責任な行動によって勝利を失ったことは非常に遺憾だよ」

 

ーーダメージによるロスはどのくらいだったのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。