RACE【レース】

 

 予選は12位でQ2敗退となったものの、ピエール・ガスリーはマシンのパフォーマンスが良好になったことに笑顔を見せた。トップ10までは0.363秒差があったものの、過去2戦と比べてパフォーマンスを取り戻すことができたのは、タイヤの扱い方が正しく理解できたためだという。

 

ーー予選12位という結果になりましたが、マシンのフィーリングはどうだったのでしょうか?

「ストフェル(・バンドールン、予選11位)とのタイム差はそれほど大きくなかったし、最後のアタックではアウトラップのウォームアップが上手くいかなくてタイヤの温度が理想的な状態ではなくて、マシンのポテンシャルをフルに引き出せたとは言えないから、全てをきちんとまとめられれば11位は可能だったと思う。だけどマシンのパフォーマンスにはとても満足しているよ。上海とバクーの2戦ではかなりタフだったけど、パフォーマンスはいくらか取り戻すことができたし僕らにとってはポジティブな1日になったよ」

 

ーー過去2戦と比べてパフォーマンスが引き出せた理由は、マシンの理解が進んだからでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031