RACE【レース】

20180407-15

 

 4月7日、FIA F2の開幕戦バーレーンラウンドはレース1(32周)が行なわれ、ポールポジションのランド・ノリスがそのまま大きく逃げて優勝した。

 

 2位争いは同じカーリンのセルジオ・セッテ・カマラ、プレマのニック・デ・フリース、DAMSのアレックス・アルボン、ARTのジョージ・ラッセルらの間で激しいバトルが繰り広げられたが、最後はタイヤを上手く保たせたセッテ・カマラが2位を奪い取った。

 

 17番グリッドスタートだったアルテム・マルケロフはフォーメーションラップ後にストールしピットスタートを余儀なくされたが(これにより決勝は31周に減算)、17周目までミディアムタイヤで引っ張って後半にソフトタイヤでプッシュを仕掛ける戦略があたり、昨年までと同じくレースペースの良さをフルに発揮して3位まで挽回してみせた。

 

 レース1のリザルトは以下の通りとなっている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031