RACE【レース】

20180407-07

 

 FIA F2の開幕戦バーレーンのレース1で、7番グリッドの福住仁嶺はスタートで4位に浮上しそのまま上位グループで走行を続けていた。

 

 しかしピットストップ翌周に再びピットインを余儀なくされ最後方へ後退。DRSが開いたまま閉じなくなっており、どうやらステアリングの電気系制御がトラブルを抱えてしまいそれ以外にも多数の問題に見舞われていたようだ。

 

 これがなければ上位フィニッシュは充分に可能だったという福住は、「速さがあったのに勿体ない……」とガックリと肩を落とした。

 

ーーレース1はスタートで4位に浮上して上位で走っていたのに、15周目にピットインした次の周にまたピットストップで後退してしまいました。何が起きたんでしょうか?

「DRSが開いたままになってしまったんです。それで2回目のピットストップをしなければならなくなってしまって。前の集団と戦えたと思うので、もったいないしすごく残念です」

 

ーースタートはかなり良かったし、その後の第1スティントも良かったですね。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031