2022

 

ーーシンガポールGPはセルジオ・ペレスの優勝という結果になりました。

「今日のチェコのドライビングはどんなコンディションでも素晴らしかったし本当に感動したよ。スタートでチャールズ(シャルル・ルクレール)からトップを奪い取り、シーズン序盤はインターミディエイトで攻めすぎてはいけないし非常にトリッキーな状況の中でギャップを広げていったんだ。VSCやSCが何度も入り、何度も上手くコントロールしなければならなかった。ピットストップまでにギャップを広げ、チャールズが入った翌周に余裕を持ってピットインできる状況にしたし、チームとしても最適なタイミングでピットストップをこなすことができたね。その後にセーフティカーが入ってマージンがなくなってしまったし、こういうコンディションのときは先頭を走るのは後続車よりも難しいものだが、スリックタイヤに履き替えてからもチェコは冷静さを保ち素晴らしいドライビングをした。チャールズもDRS圏内で全力でプッシュしていたが、ひとつミスを犯してDRS圏外に落ちてからはチェコも自分のリズムを取り戻してリードを広げ、素晴らしいドライビングで勝利を掴み獲ってくれたね

 

ーーここ数戦はペース不足が目立っていましたが、これでペレスもペースを取り戻せたと言えるでしょうか? それともマックス・フェルスタッペンが後方に沈んだことでレッドブル本来のペースは見えていないと言うべきでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031