REPORT【報道】

20171017-01

 

 2016年2月末からホンダのF1活動は長谷川祐介F1総責任者の下で運営されてきたが、ここに来てその体制に変化が見えつつある。ただしそれは世間で言われるような3年目の低迷を受けた更迭ではなく、来期以降に向けた体制強化の一環であり、今シーズン途中からすでに実行に移されている。

 

 今年の9月1日をもって、長谷川祐介F1総責任者はミルトンキーンズ駐在となり、活動前線基地で指揮を執ることになった。以前から長谷川総責任者自身も含めてこうすべきだというアイディアはあったというが、2016年の5月に開発方針をガラリと変化させて以来、遅れがちな開発に追われてなかなかそれを実行するタイミングがなかった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。