REPORT【報道】

20170929-01

 

 マクラーレン・ホンダが日本GPでの新品パワーユニット投入とグリッド降格ペナルティを回避する意向であることはすでにお伝えしたが、ホンダのアップデート版のスペック4の完成タイミングとにらみ合いながら投入のタイミングを決めることになりそうだ。

 

 ターゲットはUSGPとメキシコGPでの1台ずつの投入。スペック4がこれらのグランプリに間に合うのであれば良いが、難しいと判断すれば中途半端なアップデートは行なわず現行のスペック3.7を投入することになりそうだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。