2018 Rd.2 BAHRAIN

20180405-01

 

 開幕戦オーストラリアGPで発生したホンダのMGU-Hトラブルについて、新たな事実が分かった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • konidin
    • 2018年 4月 06日

    スロットル・オフで排ガス圧が下がって、MGU-Hに排ガスによるトルクがかかっていない状況で、つまりある一定方向に押し付けられていない状況で、外から軸に垂直方向の力が、ドンッ、とかかった….かな…
    軽量化で、あらゆる部品を軽く、つまり、細く、薄く、作ってるので、想定しきれない事が起こると厳しいですね。
    メルセデスにこういうことが起きていない(ように見える)のは、こういうこともカバーする強さを持っているからか、はたまた、こういう状況にならなかっただけなのか…

    • shindo13
    • 2018年 4月 06日

     こんにちは。
     単純に考えると、昔一度壊れたトラブルなら対策しておけよとも思えるのですが、現実にはなかなか難しいんですね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30