2018 Rd.1 AUSTRALIA

20180326-03

 

 最後尾グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは好加速で一気にポジションを上げ、途中ザウバーのスローダウンでタイムロスを喫したもののその後は再び前のウイリアムズとフォースインディアに追い付いていった。

 

 しかし15周目に突然のMGU-Hトラブルでリタイア。

 

 それでもレース直後のガスリーはそれほど落ち込んだ様子もなく、「フォースインディアやウイリアムズとは充分戦えた」とマシンのポテンシャルには非常に前向きな評価を下し、次戦バーレーンGPに向けてポジティブな表情を見せた。

 

ーー開幕戦はリタイアという結果になってしまいましたが、どんな気分ですか?

「もちろん僕らが望んでいたシーズンのスタートではないし、テストでは全く問題がなくてスムーズに来ていただけに開幕戦で今年初めてのトラブルが出てしまってガッカリしているよ。でも今週末のポジティブな要素に目を向けて次のバーレーンGPに前向きに臨むべきだと思う。もちろん僕自身にもチーム側にもあったネガティブな要素はきちんと見直してさらに強い自分たちになってバーレーンGPに臨めるようにしなければならないと思っているよ」

 

ーートラブルが起きた時はどんな状況でしたか?

「ターン12に入るまで何も前兆はなかったよ。全開でコーナーの出口を出て行ったら突然パワーユニットのスイッチがオフになって、一度は復活したんだけどまたスイッチオフになり、次にオンになってからは1速ギアのままゆっくりとピットに戻ってくるしかできなかったんだ」

 

ーートラブルが起きたのは青天の霹靂という気分ですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30