RACE【レース】

20180326-01

 

 オーストラリアGPでMGU-Hにトラブルを抱えてしまったホンダだが、これは決して青天の霹靂というわけではなかったようだ。ただし次戦で新品を投入したとしても1基を失ったとは限らない。壊れたのがいつでも交換可能なメンテナンスパーツなら、MGU-H本体の再利用は可能だからだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • kotechi
    • 2018年 3月 26日

    今回のトラブルはかなり衝撃的でした。HGU-Hは、昨年からの課題ですね…
    ホンダジェットのテクノロジーを生かしたパーツは、まだこれから?
    ルノーも昨年終盤問題を抱えていましたが、今年は大丈夫そうですね。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 3月 28日

      MGU-Hのどこが壊れたのか、それを早く知りたいですね。去年と同じところならガッカリだし、ただターン12縁石のバンプで壊れたのなら強度が足りないだけだし(去年のモンツァはMGU-Kのシャフト折損でしたね)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930