RACE【レース】

20180322-01

 

 バルセロナ合同テストでは8日間の走行でほとんどノートラブルで走行したものの、実戦では何が起こるか分からないだけに「開幕に向けては不安」と話していたホンダの田辺豊治テクニカルディレクターだが、その後のデータ解析と準備が順調に進んだようで、開幕に向けた不安は和らいだという。

 

 開幕を直前に控えたメルボルンのパドックで田辺テクニカルディレクターに話を聞いた。

 

ーーテストからここまでの1週間はどのように準備を進めてこられたのでしょうか?

「テストではここに向けてパワーユニットと車体のパラメーターを振ってのテストと最適化をして、ドライバーの習熟を含めて走行を重ねましたが、パワーユニットに関してはできるだけ信頼性の確認にも努めてきました。そのデータを見直していく中でキャリブレーションに不具合が出るようなところ、不適切なところを見付けてセットアップを変更し、ダイナモでテストをして最終的な(実戦仕様の)データにしてきました。それは性能も信頼性も全般的に含めての話ですね」

 

ーーテスト最終日にはデータ異常がありましたが、その解析はどうだったんでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031