2017

VJM10-01

 

 2月22日、フォースインディアがシルバーストンで2017年型マシンVJM10を発表した。

 

 昨年はランキング4位まで飛躍したフォースインディアは、今季の大型レギュレーション変更に際してさらなる浮上を狙う。2016年5月には早々にVJM9の開発を終了し、チームのリソースの全てをこの2017年型VJM10の開発に注いできた。

 

 ノーズやボディワーク、パワーユニットなどを除いた車体構造の面でいえば、通常は前年型からのキャリーオーバー可能なパーツは少なくなく完全な新設計部品は15%程度だというが、今季は95%が新設計の部品ということからも、このマシンに掛けるチームの期待度の高さが覗える。従来は外注に出していたモノコックのラミネート(CFRPのプリプレグを型に貼り込み、高圧高温釜で真空硬化させる)作業も、設備投資によって今季型から自社ファクトリー内で行なうことができるようになり、品質が向上したという。

 

 チーム代表のビジェイ・マリヤは「トップ3チームとの間には大きな障壁があると多くの人々が言うが、しかし私は不可能だという理由はないと思っている。大きな夢を抱き、高い目標を掲げる。それを目指して戦うんだ」と、コンストラクターズランキングでさらなる飛躍を目指すことを宣言した。

 

 そのVJM10の詳細を解説していこう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。