2016 Rd.19 MEXICO

20161104-00

 

 第19戦メキシコGPは、またしてもルイス・ハミルトンの圧勝。しかし実は1周目のロックアップによるフラットスポットでかなり際どい状況を回避しての勝利でした。レース後のペナルティで順位が入れ替わったものの、実質的にはソフトタイヤのペースが良かったフェラーリのセバスチャン・フェッテルがレッドブル勢を上回る速さを見せメルセデスAMG勢に次ぐ3位のポジションに返り咲きました。

 

 1周目のセーフティカーでピットインし実質ノンストップ作戦を採ったザウバーのマーカス・エリクソンがフォースインディア、ウイリアムズに次ぐ11位。マクラーレン・ホンダ勢はノンストップ勢に押さえ込まれるかたちとなり、実力を発揮しきれずにノーポイントに終わりました。

 

 実際の各チーム各ドライバーのペースがどうだったのか、決勝の全車全ラップタイムを分析してみましょう。

 

20161104-01  

 下地の色は赤がスーパーソフト、黄がソフト、グレーがミディアムタイヤを表わしています。タイムの赤字はピットストップ、青字は自己ベストタイムを表わしています。

 

20161104-04

20161104-05 

 こちらはピレリによる各車のタイヤ戦略表。

 

20161104-02  

 そして主要ドライバーのラップタイム推移をグラフ化して比較してみましょう。

 

20161104-03  

 さらに、各ドライバーのポジションとトップからのタイム差もグラフ化してみます。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031