REPORT【報道】

20170503-01

 

 2018年からのパワーユニット供給契約を発表したザウバーだが、性能の劣るホンダへのスイッチに不安はないのか? マクラーレンが苦慮しているホンダとの関係構築に不安はないのか? そして、日本人ドライバー起用の可能性などについて、モニシャ・カルテボーン代表に聞いた。

 

 すでにHRD Sakuraを訪問したモニシャは、過去にフェラーリが苦境を乗り越えた経験からも、ホンダの状況打破を確信しており、ホンダとの契約にネガティブな要素は一切ないと明言した。

 

ーーホンダとの契約が発表されましたが、そこにはポジティブとネガティブがあると思いますが、それについてはどう考えていますか?

「我々にとっては、ネガティブな要素はないと思っています。我々として、それを望んで契約をしたんですから。ザウバーにとって、フェラーリとの関係を解消しホンダとの関係を始めることはとても良い動きだと思っています。長い期間にわたって慎重に様々な選択肢を吟味してきた上で、この結論に達したんです。この選択肢を選んだ理由は、ホンダと関係を構築することによって様々なチャンスが開けると期待できるからです。確かに今のホンダの現状は厳しいものですが、数カ月後にどうなっているかなんて誰にも分かりませんし、ネガティブな要素なんて何もないと私は思っています」

 

ーーということは、来年のホンダ製パワーユニットの性能が良くなると楽観視していますか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930