2017 Rd.20 ABU DHABI

20171123-04

 

 最終戦アブダビGPを前にした木曜日、マクラーレン・ホンダのピットガレージは一瞬ヒヤリとした雰囲気に包まれる場面もあったが、問題は解決し当初の予定通り前戦ブラジルGPで使用したスペック3.8のパワーユニットで臨むこととなった。

 

 マシンが組み上がった木曜午前、フェルナンド・アロンソ車のパワーユニットのファイヤーアップ直前の暖機で問題が見つかった。ホンダのエンジニアが慌てて確認し調査した結果、問題は車体の冷却系に起因するものということが分かり、車体側のパーツ交換を行なうこととなった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031