2017 Rd.3 BAHRAIN

20170424-10

 

 現状のパワーユニット出力では、メルセデスAMGとフェラーリがほぼ同等、ERSの開発に失敗し昨年型の使用を強いられているルノーはICEとTCの熟成も遅れ25〜30馬力程度の遅れを取っている。

 

 しかし、DRSを使用した際の最高速では、上位チームの各マシンが330km/hに合わせ込んできている。

 

 上海やバーレーンのようにストレートが長いサーキットでの最高速は、パワーユニットの出力とマシンの空気抵抗が釣り合いサチュレーションするポイントで決まる。つまり、それ以上最高速が伸びていかない状態だ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。