2017 Rd.3 BAHRAIN

20170415-20

 

 バーレーンGPにマクラーレン・ホンダは新型リアウイングを投入してきた。とはいっても、翼端板のみのアップデートで、それもフェルナンド・アロンソ車のみの投入だ。

 

 上写真はバーレーンGP土曜フリー走行前のフェルナンド・アロンソ車のリアウイング。

 

 元もMCL32の翼端板には3本のスリットが切り込まれていたが、このスリットのかたちが変わった。前縁部に上が翼端板本体からは独立したスリットが1枚。さらに、3本のスリットが4本に増え、翼端板後方のスリット2本が上下に長くなった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。