2017 Rd.1 AUSTRALIA

GUIDE-AUS-01

 

【アクセス】直行便なし、時差はないけど米国・欧州と変わらない移動時間

飛行経路:日本からメルボルンへの直行便はLCCのジェットスターだけで、LCCとはいえ往復で10万円ほどと決して安くはありません。シドニーにはカンタス航空、JAL、ANAなどが飛んでおり、そこからオーストラリア国内線に乗り換えてメルボルン入りというルートが一般的。それ以外にも、香港経由のキャセイパシフィック航空、シンガポール経由のシンガポール航空、バンコク経由のタイ国際航空、北京経由の中国国際航空など、中国・東南アジア経由でメルボルン入りするルートも無数にありますが、オーストラリアへ直接飛ぶのに較べると1.5倍か2倍近い時間がかかってしまいます。

 

入国情報:日本人であれば、オーストラリアはビザ不要。ETASと呼ばれる電子手続きをオンラインで行なっておくだけでOKです。公式サイトでは20豪ドルのシステム利用手数料が必要ですが、ETASの申請自体は無料なので、旅行代理店に依頼すると500〜1000円程度の安い手数料でETAS申請が可能です。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031