RACE【レース】

20180416-04

 

 ウルトラソフトでスタートし、序盤にミディアムタイヤに交換して数台をアンダーカットしレースを最後まで走り切ることで浮上のきっかけを掴もうとしていたブレンドン・ハートリーだが、チームメイトとの接触という最悪のかたちで中国GPでも良いところなく最下位に終わってしまった。

 

 落胆の表情を見せるハートリーにレースとこの日のマシンフィーリングを振り返ってもらった。

 

ーーまずはピエール・ガスリーとの接触について教えてください。

「ミスコミュニケーションだよ。僕らは異なる戦略で戦っていたからポジションをスワップすることになっていたんだけど、ウルトラソフトを履いて走っていたレース序盤に譲ったときはターン14の立ち上がりで譲ったし2回目の30周目も同じようにやるよう指示されたから、僕としてはそういうつもりでいたんだ。彼は僕がターン14のエントリーでドアを開けていてそれを閉じた僕のミスだと思ったのかもしれないけど、僕としてはそのつもりじゃなかった。彼は入口で僕が譲ったと思ったし、僕は出口で譲るつもりだった。明らかなコミュニケーションミスだったんだ」

 

ーーあなた自身はいつも通りのスピードとライン取りだった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。