F1ドライバーってこんなヤツ

20170911-01

 

 最近のフェルナンド・アロンソはイライラしてばかりいます。もちろんその最大の原因はホンダ製パワーユニットのパワー不足や信頼性不足にあるのですが、だからといって何をアップデートしても「全然パワーがない!」「何も良くなっていない!」としか言わないのでは、良くなるものも良くなりません。本人としては「自分自身はこれまでになく良い状態で最高のドライビングができているのに!」という気持ちは分かりますし、モチベーションを保つのが厳しい状況であるのも分かるのですが、スパでの故意リタイアもバレてしまっていますし、最近では「フェルナンドの“ノーパワー”は挨拶代わり」と言われてしまっています。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • konidin
    • 2017年 9月 11日

    唯一、こういう性格のアロンソを抑えられていたロンデニスがいなくなって、そこにいるのは、オジェとザク。
    あとは推して知るべしで、そうなってますよね…
    McLarenでも技術屋は状況を理解(エリックは中間管理職だから板挟みかな)していても、ザクは上しか見なくて、McLarenシャシーはトップレベルで悪いことはぜーんぶホンダ、という態度(推測だけど)だから、それはもう…
    すぐにトップに追いつけると考えた当初のメンバーの大失敗の結果ですね。
    トロロッソのキーは新進気鋭っぽいし、今年の最初は強かったから、開発の資金さえあれば、期待できるでしょう。
    むしろ、ホンダにとっては美味しいチームだとおもう。

    • tonsukesan2
    • 2017年 9月 11日

    今のフェルナンドをみると、ネルソン・ピケを思い出しますね。彼も、ロータスに移籍後、車とエンジン(苦笑)に恵まれず、3度のドライバーズとは思えない苦戦を強いられてました。
    ただし、その後ピケはベネトンに移籍して3勝。復活しましたが、フェルナンドはどうなりますか。

    個人的には、職人気質のドライバーは好きですし、「俺の腕でなんとかしてやる!」という前向きな姿勢であれば問題なしですが、「俺がこんなに頑張っているのに!」という後ろ向きになると、チームに悪影響が出ていまいマスネ。。。
    エンジンスワップで、フェルナンドのモチベーションが上がれば良いですが。はてさて。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 9月 14日

      ドライバーの腕だけでどうにかなる時代ではないですからね。。。腕でコンマ3秒コンマ5秒は稼いでみせているのは事実かもしれないけど、車体とエンジンで1秒とか1.2秒遅ければどうしようもありませんから。。。それを良くする方法を考えないと。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031