2017 Rd.14 SINGAPORE

20170921-00

 

 2017年第14戦シンガポールGPは、予選で劇的なポールポジション獲得を果たしたセバスチャン・フェッテルと、金曜フリー走行で好ペースを刻んでいたレッドブルのマックス・フェルスタッペン、そしてキミ・ライコネンがウエットでのスタート直後にクラッシュして自滅。そこから先はルイス・ハミルトンが余裕の勝利を掴み獲った。バルテリ・ボッタスも3位に入りメルセデスAMGとしてはダメージリミテーションのレースが一転してダブル表彰台の好結果となった。さらにダニエル・リカルドもギアボックスに不安を抱えながらも2位表彰台を獲得することとなった。

 

 カルロス・サインツが好戦略と好走によって自己最高位4位を獲得。ルノーとフォースインディアも速さと戦略で上位に浮上し、マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドールン7位入賞のみと期待に反する結果に終わった。

 

 シンガポールで実際に速かったのは誰だったのか、全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。