2017 Rd.1 AUSTRALIA

20170325-07

 

 開幕戦オーストラリアGP予選で13位・18位に沈んだマクラーレン・ホンダは、テレビ中継では「燃料フローに問題があってパワーが下がっている」「突然パワーを失った」という無線が流れたりとパワーユニットのトラブルが再発したととられてもおかしくない状況だったが、いずれにもパワーユニットのトラブルではなかった。

 

 Q1でストフェル・バンドールンのマシンに発生した「燃料フローの問題」とは、燃料配管内に空気が入り込み、その気泡が原因でICEのインジェクターに燃料が安定して送られなくなるエア噛みという症状を引き起こすもの。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930