2017 T2 BARCELONA TESTING

20170308-01

 

 バルセロナ合同テスト2回目を迎えても不調のように見えるマクラーレン・ホンダだが、長谷川祐介F1総責任者にホンダとしての現状を聞いた。

 

 テスト初日に発生した電装系トラブルは、“地絡”と呼ばれる症状で、ERS系の高電圧に絶縁不良の警告が出たというものだったという。

 

 そして2日目からは開幕戦仕様のベースとなる新スペックを投入し、トラブルなく走行を重ねた。

 

 しかし性能面では満足いくレベルに仕上がっていない。フェルナンド・アロンソが批判したように、当初の目標通りのパワーが出ていないことは確か。だがパワーユニットのパワー不足だけでタイムが下位に低迷していると断言するべきではない。アロンソの批判についても、長谷川総責任者に事実関係を説明してもらった。

 

ーーまずは初日に起きたのは電装系のトラブルということだったんですが、具体的にはどういう状況だったんでしょうか?

「いわゆる“地絡”といわれる絶縁不良が疑われる状態でした。今のハイブリッドシステムでは高圧電流を使っていますから、地絡に近い状況になるとシステムが警告を発するようになっていて、そうなったらクルマを止めるというのがルールになっているんです。完全に(パワーや電源が)落ちたわけではありませんでしたけど、この警告が出たので止めてパワーユニットを積み換えることにしたんです」

 

ーー地絡というのをもう少し詳しく説明して頂けますか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930