2017 Rd.15 MALAYSIA

GUIDE-MYS-01

 

【アクセス】直行便多数、選択肢が多くて安価

飛行経路:日本各都市からマレーシアへは日系の航空会社とマレーシア航空、LCCのエアアジアなどが直行便を運行しており、価格も5万円ほどから。東南アジア系や中華系の経由便も含めて、選択肢はかなり多く、安価に飛ぶことができます。

 

例えばマレーシア航空やエアアジアの木曜や金曜の夜行便で翌朝着いて、そのまま観戦、日曜夜の便で戻れば月曜早朝には日本着。仕事が忙しい人でもそんな週末弾丸観戦ができます。

 

入国情報:日本人ならば、観光目的で3カ月以内の滞在で、有効期限が6カ月以上先のパスポートがあればビザが不要です。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。