2017 Rd.13 ITALY

20170908-00

 

 2017年第13戦イタリアGPは、ルイス・ハミルトンが余裕のポールトゥウイン。フェラーリ勢は対抗することができずセバスチャン・フェッテルの3位フィニッシュが最大限で、最後方グリッドスタートのダニエル・リカルドがあわや表彰台というところまで迫った。

 

 中団ではフォースインディア勢とウイリアムズ勢がダブル入賞、一方でマクラーレン・ホンダ勢は2台リタイアという結果に終わった。

 

 モンツァで実際に速かったのは誰だったのか、全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

20170908-01A

 

 こちらが全ドライバーの全ラップタイムで、下地の色は紫色がウルトラソフト、赤色がスーパーソフト、黄色がソフトタイヤを表わしている。タイムの赤字はピットストップ、青字は自己ベストタイムを表わす。参考記録として、2016年優勝者のニコ・ロズベルグのレース全ラップタイムも併記した。

 

20170908-03

 

 こちらはピレリによる各車のタイヤ戦略表。

 

20170908-01B

 

 グラフ①:上記の全ドライバーの全ラップタイム推移をグラフ化したのがこちら。縦軸がラップタイム、横軸がラップ数で、グラフの上に行けばいくほど速いタイムで走っていることを表わす。各車のペースの差や、デグラデーションの度合いをグラフィカルに分析することができる。

 

20170908-02A

20170908-02B

 

 グラフ②:各ドライバーのポジションとトップからのタイム差をグラフ化したのがこちら。縦軸がトップとのギャップで、横軸がラップ数。下にいけばいくほどトップとの差が広がっていることを表わす(周回遅れは省略)。レース中の各車の位置関係をグラフィカルに分析することができる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031