2017 Rd.5 SPAIN

20170514-04

 

 FIA-F2の2017年シーズン第2ラウンドのバルセロナで、松下信治がレース2のウィナーとなった。GP2から数えて通算3勝目だ。

 

 リバースグリッドの5番グリッドからスタートした松下はスタートで3位に浮上し、2位のマシンもDRSを使いターン1で抜いてアグレッシブな走りを見せる。そして22周目に首位のニコラス・ラティフィがターン5でブレーキングミスを犯してコースオフし、松下は労せずしてトップに浮上。そのまま後続を吹っ切ってトップでチェッカーを受けた。

 

ーーレース2は、2位のままフィニッシュかと思いきや最後に優勝が転がり込んできました。

「ちょっとラッキーでしたね(笑)。スタートは自信があったしできるだけオーバーテイクしてやろうと思っていたんですけど、ちょっとホイールスピンしてしまったんで自分的には失敗だったんです。本当だったらもう1台抜けていたと思います。でも周りと較べれば良いスタートでしたね。昨日のレースはリアのデグラデーションがヒドかったんで、そこからは前とのギャップを少し開けてタイヤを労ることを考えながら走っていました」

 

ーースタートで3位に上がって、そこからはある程度コントロールしながら走っていたと。そして14周目にグスタフ・マリヤを抜いて2位に浮上しました。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031